【分散型自律組織】DAOとは|Webの未来の展望

テクノロジー

DAO(分散型自律組織)とは最近でトレンドワードとなりつつあります。DAOについて調べていても、「複雑でよく理解できない」と感じている方も多い。DAOである分散型自立組織についてまとめました。

DAO(分散型自立組織)とは

DAO(Decentralized Autonomous Organization)は日本語にすると「分散型自律組織」となり、ブロックチェーン上で世界中の人々が協力して管理・運営される組織のこと。DAOは中央管理者が不在であり、組織に参加しているメンバー同士で意思決定します。

DAOは透明性が高く、どのようなルールに基づいて運営されているのかが誰でも閲覧可能。DAOは誰でも参加できるので、興味のあるプロジェクトを運営しているところがあれば自由にメンバーになれる。

DAOのモデル

DAOという頭字語の説明から始めるのが最も分かりやすい。まず初めに、DAOとは自律的な(Autonomous)、つまり、スマートコントラクトにより稼働している組織。

スマートコントラクトとは

「スマートコントラクト」はブロックチェーンシステム上の概念であり、あらかじめ設定されたルールに従って、ブロックチェーン上のトランザクション(取引)、もしくはブロックチェーン外から取り込まれた情報をトリガーにして実行されるプログラムを指す。

スマートとは「自動的に実行される」という意味。

分散型金融(Defi)とは

Defi(分散型金融)とは、「Decentralized Finance」を略称しており、金融サービス・エコシステムなどのアプリケーションのこと。イーサリアムのブロックチェーンを基盤としており、管理者を必要としないインターネット上で誰でもアクセス・提供が可能される。

Defiの仕組みは、ブロックチェーン技術をさらに進化させたもので、中央集権型システムを必要とすることなく、自律的に金融資産の管理を行うことができる。

Compound(コンパウンド)

ネット上で自由にやり取りできるマネー(リスクフリー資産)向けの銀行であるCompoundは、いわゆる仮想通貨の銀行のような役割を果たします。従来の仕組みでは、銀行が貸し手と借り手を預金・貸付などの形で仲介していましたが、これは銀行の倒産リスクもある上、預けた資金の使途もわかりません。

Compoundではこの仲介をプロトコル(一連のスマートコントラクト)として定義し、需給に応じたレートを両者に提示します。預けた資産は、データベースとして金銭価値を保存できるブロックチェーンの透明性のもと、コントラクト上で管理されます。

まとめ

銀行が終わるというのではなく、銀行という名前からカフェになると考察した。個人経営のカフェではなくスターバックスやドトール、タリーズなどのコーヒー店と提携を組み、お金の相談やチームで遊ぶ時代が来ると感じた。

チームも何チームも所属できる時代になり、Web3後もWebはもう一度リセットされる。その時はまた、その世代の価値観や考え方に寄り添ったWebになるだろう。

タイトルとURLをコピーしました