行動ターゲティング広告とは

テクノロジー

行動ターゲティング広告とは、広告の対象となる顧客の行動履歴を元に、顧客の興味関心を推測し、ターゲットを絞ってインターネット広告配信を行う手法。

例えば、旅行関連のページを最近訪れたことがあったり、航空会社の広告をクリックしたことがあるユーザーは、「旅行」というジャンルに興味関心があると判定し、「旅行」関連の広告を配信するといったもの。ここでいう「行動」は、ページの閲覧、広告のクリック、検索のキーワードなどを指し、広告の配信を行う媒体・事業者によって定義は異なる。コンテンツ連動型広告を併用している場合が多い。行動ターゲッティング広告は、追跡型広告(ついせきがたこうこく)やリターゲティング広告とも呼ばれています。

行動ターゲティングの種類

サイト内での行動分析

会員制の物販サイトなどでは、会員ごとの購買履歴を基に会員の嗜好を分析することができる。購買履歴以外にも、会員がログイン中に閲覧した商品の履歴を基に嗜好を分析することもできる。

会員制でないサイトでは、HTTP cookieを用いて閲覧者を識別するIDを発行することにより、訪問者の閲覧履歴を得ることができる。また、会員制サイトにおいても、同様の方法により、ログインせずにアクセスしている訪問者に対して閲覧履歴を得ることができる。cookieを使う場合はプライバシーモードの影響を受ける。

ポータルサイトなどの大規模サイトにおいては、サイト内でのアクセス履歴から、訪問者の行動分析が十分に行えると考えられる。Yahoo! JAPANは、2007年2月、行動ターゲティング広告のネットワーク配信を開始すると発表。それによると、「Yahoo! JAPANのどのようなサービスを閲覧したか(コンテンツ連動型広告)や、Yahoo!検索においてどんなキーワードで検索したか(サーチエンジンマーケティングおよび検索連動型広告)をもとに、利用者(ブラウザ)を興味・関心別の約 800のグループに分類」できるという。さらに、いくつかの検索サイトにおいても利用者の嗜好を検索結果に反映させていることから、フィルターバブルと呼ばれる現象の原因ともなっている。このような広告配信や検索結果への反映をおこなわない検索エンジンは、DuckDuckGoやStartpage.comなどがある。

アドネットワークを活用した行動分析

広告の配信媒体(サードパーティー)が多数のウェブサイトに広告スペースを持っている場合、Google AdSenseやGoogle 広告などのJavaScriptを用いたアドネットワークを形成して、広告配信サーバーを1つにまとめることにより、Google Analyticsなどのウェブビーコンを用いて得られた広告配信サーバーへのアクセス履歴から、広告の閲覧者(クリックしなくても広告を表示しただけでよい)がどのウェブサイトを訪れているかを把握できる(アクセス解析)。これを、Googlebotなどのクローラによって得られた広告スペースのあるウェブサイトの内容情報と組み合わせること(アルゴリズム)により、閲覧者の嗜好を分析することができる。この方式は、NoScriptやScriptSafeのほかアドブロックを目的としたuBlock Originなど、JavaScriptを制御するブラウザ拡張機能の影響を受ける。JavaScriptが関連するその他の方式には、キャンバス・フィンガープリンティングなどもある。

まとめ

行動ターゲティング広告を今回調べたことをまとめた。行動ターゲティング自体のテクノロジーを少し理解するためにはもうちょっと深掘りする必要があるのでまた調べ直します。

タイトルとURLをコピーしました