【ビットパーツ】ビットコインキャッシュ(BitcoinCash)とは

テクノロジー

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash、ティッカーシンボル:BCH/BCC)は、暗号通貨「ビットコイン」のハードフォーク。2017年8月1日に誕生した

ビットコインキャッシュの歴史

2017年7月20日、「ビットコイン改善提案(BIP)91」(通称Segregated Witness)がアクティベートした。

ビットコインコミュニティの一部のメンバーはブロックサイズの上限を上げずに「BIP91」を採用することは単に問題に直面することを先送りしただけであり、BIP91に賛成した人々はビットコインを取引通貨よりもデジタル投資として扱うことを望んでいると感じた

ハードフォーク計画は最初にASICマイニングハードウェアメーカーのBitmainから発表され、その後開発者がプロジェクトへの関心を寄せた。ビットコインキャッシュのプロジェクトは元々はBIP148 (UASF)が成功した場合にBitmainが実行する「コンティンジェンシー・プラン」と呼ばれた。ビットコインキャッシュの名称は元々は中国のマイニングプールの「ViaBTC」が提案。

オランダのアーネムで開かれた「ビットコインの未来」カンファレンスにおいてDeadal NixのAmaury Sechétがビットコインキャッシュのプロトコル(最初は「ビットコインABC」と呼ばれていた)を発表した。ビットコインキャッシュのハードフォークは2017年8月1日に行われると発表された。

開始時にビットコインキャッシュはビットコインのそれまでの取引履歴を受け継ぐが、更なる取引は分離される。ブロック 478558が最後の共通のブロックであり、したがって最初のビットコインキャッシュのブロックは478559となる。

ビットコインキャッシュの暗号通貨ウォレットはフォーク開始予定時刻の2017年8月1日13時20分(UTC)以降からビットコインのブロックとビットコイントランザクションを排除し始めた。ビットコインキャッシュはブロックサイズを8MBまで上げたことでビットコインのブロックチェーンとの後方互換性が無くなった。7月23日にビットコインキャッシュの先物取引が0.5BTCで始まったが、7月30日までに0.10BTCまで下落した。マーケットキャップ(時価総額)は2017年8月1日の23時15分(UTC)以降に表示されるようになった。

ハードフォークとは

ブロックチェーンとは、プログラムによって定義されたルール(仕様)に基づいて、暗号資産の決済・送付といった取引データ(トランザクション)を記録(ブロック生成)し続けるソフトウェアにあたるという点を覚えておきましょう。ハードフォークは「永久に分岐」することで、従来のソフトウェアと互換性のないアップグレードに相当する状態を指しており、従来バージョンの暗号資産、新バージョンの暗号資産の2種類が存在する事態に結び付きます。

なので、暗号資産におけるハードフォークとは仕様の変更を意味します。ハードフォークが行われると、従来のものとの互換性がなくなるため、新しい暗号資産が誕生します。例えば、ビットコインは、これまでも幾度となくハードフォークを繰り返したことで、「ビットコインキャッシュ」「ビットコインゴールド」「ビットコインダイヤモンド」「ビットコインシルバー」などの新通貨が誕生しました。

ビットコインキャッシュの特徴とは

ビットコインは1MBであるのに対してビットコインキャッシュは32MB。ブロックサイズは、大きければ大きいほど、ネットワークの処理能力が高くなる。結果的に、送金速度が速くなり手数料も安くなるメリットが生まれることもできます。

大量の決済をしたい際に決済速度が上がる利点もあります。

ビットコインキャッシュではマイニングの難易度調整に、DAAというアルゴリズムを使っている。つまりセキュリティを高めています。これによって、安心・安定した送金の実現や、悪意ある攻撃を防ぐことにもつながる。

Segwit(セグウィット)とは、送金データの容量を小さくする技術。Segwitによって、送金の詰まりが起こりづらくなり、ネットワークの安定化につながる。一方、この技術にはASICというマイニング機器が使えなくなるデメリットもある。

ビットコインでは、Segwitが採用されている。対して、ビットコインキャッシュではASICを使うマイナーが多いので、Segwitは採用されていない。

まとめ

半径がどんどん大きくなっていった円を分散させるために、特化した機能としてビットコインキャッシュなどのようにビットコインの円から突出して新しい円ができたと感じた。

タイトルとURLをコピーしました