イーサリアムのL4と2022年のWebの発展の考察

テクノロジー

2021年後段階ではL1のバージョン-基本プロトコル(HTTPなど)。

元祖のイーサリアムの機能であり、 POSへの移行とシャーディング、および計画されている他のすべての機能により、このレイヤーは技術に精通した個人が使用できるがL2でのみ使用される可能性がある。このレイヤーはすべてのL2にセキュリティを提供し、L2は速度と料金の削減を提供。

イーサリアムの機能

イーサリアムとは、ブロックチェーン上にアプリケーションを作り出すためのプラットフォームのこと。ビットコインに次ぐ人気を誇る暗号資産(仮想通貨)イーサリアムは、正式名称をETH(イーサ)と言い、プラットフォーム「イーサリアム」で利用される通貨のことを指します。

・スマートコントラクトの実装

・DAppsの構築

・ERC20トークンの発行

スマートコントラクトとは

スマートコントラクトとは、契約を自動で執行させるためのプログラムのことです。スマートコントラクトの有名な例として知られているのは「自動販売機」です。

自動販売機は、お金を入れる→商品のボタンを押す→購入完了、という流れがあらかじめプログラムされているため、その場に販売者がいなくても売買が成立します。

DAppsとは

DApps(ダップス)とは非中央集権の分散型アプリケーションのこと。

簡単に言うと、ブロックチェーン技術とスマートコントラクトを利用することで、運営者がいなくても運営・管理ができるアプリのこと。現在、私たちがよく利用する様々なアプリケーションには、それを運営している個人や企業が存在します。

ERC20トークンとは

ERC20とは、イーサリアム上でトークンを発行する際、トークンの仕様をある程度統一するための規格(ルール)のことをいいます。

イーサリアム(ethereum)|レイヤー(L2)とは

「2層目」のブロックチェーンのこと。全ての取引履歴をメインチェーンに書き込むと負荷が大きくなり、処理速度の低下やネットワーク手数料の高騰につながる。そこで、取引履歴の一部をオフチェーンやサイドチェーンに記載するようにすることでメインチェーンへの負荷軽減や処理速度向上を期待することができる。

イーサリアムがl2へとバージョンアップし加えられた機能によってほぼ即時のトランザクションと低料金を提供・完全に分散化された非管理レイヤーを提供する。レイヤーは、技術に精通した個人が使用できるが大部分はL3によって大規模に使用できる。今日のソフトウェアエンジニアがフレームワークを製品の技術スタックの一部として扱っているように、レイヤー2は開発者がその上に製品を構築するために選択するものになる。

イーサリアム(ethereum)|レイヤー(L3)とは

イーサリアムのL2後の後はL3-ビジネスとサービスと発展する。

今日利用している他のインターネットサービスと同じように。 Webまたはモバイル経由でアクセス可能(将来的にはメタバース経由)。お金(コインとトークン)または資産(NFT)を送金するために手数料を支払う必要がなくなる。

イーサリアム(ethereum)|レイヤー(L4)とは

L4はWeb3を構築。仲介者を排除し、ユーザーに貢献を促す分散型Webになる。

まとめ

イーサリアムのL4の段階はまだまだだと思われる。L2に関しては2022年から2023年内に発表されると予想されている。Web3である分散型Webに関してはおそらく2025年以降に一般的に活用されると予想される。

タイトルとURLをコピーしました