【感想】『Ethereum+Solidity入門ブロックチェーンの思想と技術』|勉強記録

プログラミング

進化し続けるブロックチェーン「イーサリアム」。その思想を知らなければ次世代のビジネスは作れない! ― 過大な期待と幻滅が入り混じるブロックチェーンの中で、「イーサリアム」は、契約を自動化するスマートコントラクトや、Dappsと呼ばれる分散アプリケーションといった技術を生み出し、ブロックチェーンを新世代のビジネス基盤へと進化させています。本書は、その普遍的な技術思想と基本要素を知るための格好の一冊です。取り上げるテーマは、仮想マシン、ウォレット、暗号資産の移動、プログラミング言語、社会的役割など。ノンプログラマーの方もプログラマーの方も、ブロックチェーンをビジネスに導入する前に知っておきたいイーサリアムの基本をたっぷり解説しています。

『Ethereum+Solidity入門』Web3.0を切り拓くブロックチェーンの思想と技術

『Ethereum+Solidity入門』目次

 【本書の構成】第1章 イーサリアムはなぜ経済を作るのか/第2章 ウォレットから理解するトランザクション/第3章 EVMが世界を1つの巨大なコンピューターにする/第4章 スマートコントラクトのためのSolidityプログラミング/第5章 スマートコントラクトとトークンの発行/第6章 イーサのマイニングとコンセンサスのプロセス/第7章 クリプトエコノミクスのインパクト/第8章 分散型アプリケーションのデプロイ/第9章 プライベートチェーンとパブリックチェーン/第10章 イーサリアムの応用領域/第11章 イーサリアムが約束する未来

読んだ感想

専門的な用語にも逐一説明が加えられている良書。暗号資産と馴染みがない人でもスラスラ読み進められる。イーサリアムに特化した書籍というわけでないが社会経済との関わり、マイニング、スマートコントラクトやトークンなど今後のWeb全般に通用する理論を学べる。どちらかというと思想と概念のもの。

経済と社会に対する今後の考え方のヒントにもなる。プログラミングができる人よりは今後Web業界の人や商業コミュニテイなどに興味がある人に読んだもらいたい1冊。

タイトルとURLをコピーしました