【コトリン】Kotlinイン・アクション読んだ感想

プログラミング

Kotlinとはロシア・サンクトペテルブルクにある、ジェットブレインズの研究所で開発された言語。Javaをもっと簡潔・安全になるように改良した産業利用向け汎用言語。

Java仮想マシン上で動作するため、Javaで書かれたプログラムと同程度に速くコンパイルされ同程度に速く動作するとしている。

【Kotlinイン・アクション】内容

Kotlin(コトリン)はIntelliJ IDEAなどのIDEで有名なJetBrainsが開発したプログラミング言語。KotlinはJVM上で動作するいわゆる「JVM言語」であり、Javaとの高い親和性を備えている。

2017年5月に、GoogleがAndroidの開発言語として公式サポートすると発表したため、注目された。

Kotlinは、Javaと相互運用することを念頭において開発されており、JVMが動作する環境ならどこでも動きます。JavaのコードをKotlinにコンバートすることも、両者が混じり合ったコードすらコンパイルすることすらできるなど、Javaの知識を活かしつつ移行することが可能です。それだけではなく、JavaScriptやネイティブコードへのコンパイルもサポートされつつあり、今後の活用の場が広がることは確定的です。

Kotlinは、後発の言語であるからこそ、既存の言語の長所を取り込み、短所を回避しているので、あらゆる開発の優れた選択肢になり得ます。

本書の著者は、JetBrainsのメンバーで、Kotlinの開発当初から関わっており、言語とその内部を知り尽くした人物です。したがって、単にKotlinの機能や文法を解説するだけではなく、その背景にある考え方や動機、内部的な仕組みについても深く説明しており、Kotlinのやり方や思想も同時に学べます。

さらに、翻訳を手掛けた4名は、正式リリースより前からKotlinを使いこなし、大のKotlin好きを自負する現役エンジニアです。言語の開発者が書き、そんな彼らが翻訳を手掛けた本書は、まさにバイブルといっていい1冊。

読んだ感想

翻訳が丁寧で読みやすく開発者自ら執筆しており執筆時点での非常に網羅的な内容になっている書籍。二部構成で一部は基本的なところで二部は奥深い。特に二部の高階関数、ラムダ、ジェネリックなど学び・知見を多く得られてためになった。

Kotlinの言語仕様がまずJavaや他の言語のどんな課題を解決しようとしたもので、どんなメリットがあるのかがしっかり解説してあって理解が府に落ちる。

タイトルとURLをコピーしました