【コトリン】やさしいKotlin入門読んだ感想

プログラミング

Kotlinとはロシア・サンクトペテルブルクにある、ジェットブレインズの研究所で開発された言語。Javaをもっと簡潔・安全になるように改良した産業利用向け汎用言語。

Java仮想マシン上で動作するため、Javaで書かれたプログラムと同程度に速くコンパイルされ同程度に速く動作するとしている。

【やさしいKotlin入門】内容

本書は、プログラムは全く初めてというような「超初心者」の方でも、Kotlinによるプログラミングを楽しんで学んでいただけるように構成されています。本書を読み進めるにあたって、Javaやオブジェクト指向などに関する予備知識は全く必要ありません。

 一般に、Kotlinの文法上の説明は「Javaではこのように書くところをKotlinではこんなふうに書きますよ」というように、Java言語とKotlin言語を対比しながら解説されることが多い。しかし本書では、あえてJavaとの比較による説明はほとんどしていません。なぜなら、そのようにしてしまうと、すでにJavaに詳しい人にしか分からない内容になってしまうからです。

特に、初めてプログラミングについて学ぶ方にとっては、Javaとの比較であれこれ言われるより、Kotlinに関してズバリ説明される方が分かりやすいでしょう。この本を手にされた方は、Kotlinを学ぶ前にわざわざ他のプログラミング言語を学習しておくというような遠回りをする必要はありません。最短コースでKotlinのプログラミングをマスターしましょう。

【やさしいKotlin入門】目次

第1章 Try Kotlinでプログラムを実行してみよう

第2章 Kotlinのソースコード

第3章 変数

第4章 数値型の変数

第5章 文字と文字列

第6章 真偽(Boolean)

第7章 論理演算

第8章 変数の型変換

第9章 変数の値を更新

第10章 範囲(Range)

第11章 ifによる条件分岐

第12章 whenによる条件判断

第13章 forによる繰り返し処理

第14章 whileによる繰り返し処理

第15章 繰り返し処理でのbreakとcontinue

第16章 配列(Array)

第17章 リスト(List)

第18章 セット(Set)

第19章 マップ(Map)

第20章 main関数とパラメータの処理

第21章 関数の定義

第22章 例外とtry-catch構文

第23章 クラスとオブジェクト

第24章 クラスのプロパティ

第25章 コンストラクタ

第26章 セカンダリコンストラクタ

第27章 クラスの継承

第28章 メソッドのオーバーライド

第29章 ポリモーフィズム(多様性)

第30章 抽象クラス

第31章 インターフェース

第32章 null許容型の変数

第33章 Anyクラス

第34章 スマートキャスト

第35章 データクラス

第36章 スコープ

第37章 オブジェクトとしての関数

第38章 クロージャ

第39章 ラムダ式

第40章 メンバ参照

第41章 ジェネリクス(総称型

第42章 パッケージ

第43章 可視性識別子(public、protected、private)

第44章 拡張関数

第45章 マルチスレッド

読んだ感想

これからKotlin(コトリン)の初心者が読むべき1冊。基本的な内容と、Kotlinの文法が説明されていた。androidのアプリが作れるというものではないが役に立つ。これからアンドロイドアプリ開発をしたい人向け。

「Google I/0 2019」では今後、Androidの開発ではJavaよりもKotlinが優先され、Kotlinが開発言語として主流になっていくという道筋を示しました。既にAndroidデベロッパーの半分以上がKotlinで開発していると言われており、この割合はさらに増えていくことと思われます。例えば、NetflixやUberなど有名なサービスにも、Kotlinが使われています。

タイトルとURLをコピーしました