【プログラミング】Kotlin(コトリン)とは

プログラミング

Kotlin(コトリン)は、ジェットブレインズのアンドリー・ブレスラフ、ドミトリー・ジェメロフが開発した、静的型付けのオブジェクト指向プログラミング言語である。

【Kotlin(コトリン)】開発経緯

Kotlinは、ロシア・サンクトペテルブルクにある、ジェットブレインズの研究所で生まれた。

ジェットブレインズ社は Java、Ruby、Python などのプログラミング言語による開発環境などを開発して販売してきた。Kotlinは、同社の経験を活かしJavaをもっと簡潔・安全になるように改良した産業利用向け汎用言語として開発され、2011年7月20日に発表された。

Java仮想マシン上で動作するため、Javaで書かれたプログラムと同程度に速くコンパイルされ同程度に速く動作するとしている。

Javaに望まれている機能であっても互換性を保つために実現できていない機能や、将来のJavaの仕様で実現が予定されている機能から、有用と思われる機能を採用した。また、Java仮想マシンで動く点で似ているスクリプト言語 Groovy や関数型プログラミング言語の要素が強い Scala から、機能や簡易記法(糖衣構文)を採用した。そのほか、ジェネリクスの構文などでC#の影響を受けている部分もある。

【Kotlin(コトリン)】歴史

2012年2月14日、Kotlin はApacheライセンス バージョン2.0に基づいてオープンソース化された。

アプリケーションプログラミングインタフェースが公開され、ウェブサイト上でのデモンストレーションのほか、スタンドアローンなコンパイラの形と同社提供の統合開発環境であるIntelliJ IDEAのプラグインとして、マイルストーン安定版「M1」が2012年4月12日より提供された。

「M2」では言語機能が強化されたほか、Android 上の開発および動作も可能となり、JavaScript へのコンパイルもサポートされた。「M3」では約400件の障害修正を行ない、性能向上、型引数推論の強化などを行った。「M4」で128件の障害修正を行ない、型引数推論の高速化、JDK 7 対応、データクラスの copy メソッド新設などを行った。「M6」では、Android Studioのプラグインによるサポートが追加された他、Mavenのサポート、言語の改善としてSAM(Single Abstract Method)変換のサポートやアノテーションの改善などを行った。

Kotlin 1.0は、2016年2月15日にリリースされた。これは最初の安定版リリースであり、JetBrainsは以降のバージョンで長期的に後方互換性を維持することを約束している。

2017年11月28日、Kotlin 1.2がリリースされた。JVMとJavaScriptプラットフォーム間でのコード共有機能がサポートされ、複数のコンポーネント(バックエンド、フロントエンド、Androidアプリケーション等)を同一コードから生成できるようになる。

2018年10月29日にリリースされたKotlin 1.3の一部として、Kotlinのコードよりネイティブバイナリを生成する「Kotlin/Native」のベータ版がバンドルされた。2019年、GoogleはKotlinをAndroidアプリケーション開発の推奨言語に指定すると発表した。

2021年5月5日、Kotlin 1.5がリリースされた

【Kotlin(コトリン)】特徴

Java よりも簡潔に書けることを目指している。

特徴的な機能は以下のとおり。

・静的なNull安全の保証

・演算子オーバーロード

・高階関数、クロージャ

・ミックスインと第一級デリゲーション

・プロパティ(フィールドはない)

・ジェネリクス宣言側における変性指定 (英: declaration-site variance) と型投影 (英: type projection)

・拡張関数

・モジュールとビルド基盤

・インライン関数(オーバーヘッドなしクロージャ)

・パターンマッチング

・Java との相互運用性(Kotlin から Java を呼び出すことも、Java から Kotlin を呼び出すこともできる)

・構造化された並行性を基礎としたコルーチン

構文規則的な特徴はScalaに近く、文の末尾にセミコロンが不要であり、また「変数名 : 型名」の順序で変数を宣言する。型推論を様々な場面でサポートする。

【Kotlin(コトリン)】統合開発環境

同社提供の統合開発環境 IntelliJ IDEA で利用できる。EclipseとNetBeansでもKotlinプラグインを提供している。Android StudioでもKotlinによるAndroidアプリケーション開発を標準でサポートしている(3.0以降)。

また、同社提供のC/C++向け統合開発環境 CLion はKotlin/Nativeをサポートしている。

まとめ

Androidの公式開発環境にGoogleが加えたことは、Kotlinの将来性に大きく影響していると考えている。Androidアプリを他の言語よりも速く記述できるため、アプリ開発と言えばKotlinという人も今後出てくると予想している。

Kotlin(コトリン)は、システムが堅牢で安全であり簡単に記述できる。また、Javaと共存できJVM上で動作できるので、Javaのライブラリやフレームワークを問題なく使える。オブジェクト指向型の言語でプラットフォーム・ハードウェアを問わず実行できるのも魅力の1つです。

タイトルとURLをコピーしました