プライベートブロックチェーン「mijin」とは

テクノロジー

テックビューロが、2015年9月より提供する汎用型プライベートブロックチェーン製品「mijin」の最新版次世代コアエンジン「mijin Catapult (v.2)」の製品版を公開、エンタープライズ向けライセンスの提供を開始しました。

『mijin』とは

難しいコーディング無しにアセット勘定を定義(モデリング)するだけで、あらゆるアセットをトークンとしてブロックチェーン上で発行し、流通させ、管理することができる。ツリー構造でアセット管理が可能。トークンの発行量に制限は無く、また、詳細にその仕様を設計できる。

アセットとマルチシグを組み合わせ、マルチシグを鍵としてアセットの動きをコントロールすることで、あらゆる商慣習やコントラクト(契約)をブロックチェーン上でセキュアに実行します。これらはワンタイム・コントラクトとして、簡易に設定し管理することができる。

「mijin」は、企業が管理するネットワーク上で、指定したノードだけ参加することができる「プライベート」なブロックチェーンを構築するためのプラットフォーム。トークンの発行、流通、勘定を簡単自由に行うことができ、企業独自のトークンエコノミーを作ることができる。

まとめ

mijin Catapult (v.2)になってからは複数のトランザクション(取引)を1つのコントラクト(契約)のようにひとまとめにし、指定した全連署人の電子署名が揃うと、すべての取引を同時に決済し実行すること。署名が揃わない場合は実行されませんないようになった。

指定した数の連署人が全員同意することでコントラクト(契約)を実行できる「マルチシグ」がさらに進化、複雑な承認・署名プロセスのための階層(レイヤー)的な構成を可能になった。

タイトルとURLをコピーしました