Segwit(セグウィット)とは|Segregated Witness

テクノロジー

Segwit(セグウィット)とは

Segwit(セグウィット)とは「Segregated Witness(Witness=隔離された署名領域)」の略語です。Segwitはトランザクション情報をコンパクトに圧縮することで、ビットコインの抱えていたスケーラビリティ問題の解決が期待される技術。2017年8月にビットコインに実装されました。

スケーラビリティ問題

スケーラビリティ問題とは、暗号資産(仮想通貨)に用いられているブロックチェーン技術において、1つのブロックの中に書き込めるトランザクション(取引データ)の数が限られていることが引き起こす障害の問題です。 ブロックの容量がフルに達するまでデータが書き込まれると処理速度がにわかに低下し、送金遅延を引き起こしてしまいます。

ソフトフォーク

ハードフォークとは対照的にソフトフォークは古いソフトウェアからも有効と認識される(互換性がない)ブロックをつくるルール変更である。ソフトフォークでも新ルールによってアップグレードされていないソフトウェアが作るブロックが有効なものとみなされなくなった時にネットワークを分割することが出来る。

「Segregated Witness」はソフトフォーク提案の一例である。ブロックストリームの共同創業者と開発者のピーター・ウィールは2015年12月にSegregated Witnessを提案した。Segregated Witness (セグウィット)はビットコインソフトウェアの癖として知られているトランザクション展性の解決を目指したアップデートである。セグウィットは署名データを他の取引データから分離するシステムである。セグウィットはスケーリングの解決策として提案されてきており、2つの方法で影響を与えている。第1にCoinTeleraph(コインテレグラフ)はセグウィットのアクティベーション後すぐに約2MBの範囲で容量を拡大すると予測している(ビットコインの現在の1MB容量と比較して)。

第2に、トランザクション展性を解決することで、コインテレグラフはセグウィットでビットコインの上に新たなセカンドレイヤーを実装できるようになると考えている。「ユーザーアクティベートソフトフォーク」 (UASF) はネットワークの計算力を提供するマイナーの支持を得ずにブロックチェーンのアップグレードを行おうとする物議を醸したアイディアである。

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)

ビットコインのブロックチェーンのハードフォーク、セグウィットに反対するビットコインのマイニングプール/通貨交換の「ViaBTC」などによって2017年8月1日に誕生し、ビットコインとはブロック 478559以降から分岐した。ハードフォークの後、ビットコインの所有者は所有量と同量のビットコインキャッシュを所持することになった。ビットコインキャッシュはブロックサイズの上限をセグウィットを導入せずに1MBから8MBに上げた

lightning network (ライトニング・ネットワーク)とは

ビットコインをスケーリング(規模を拡大)する様々な提案が提出されている。ライトニング・ネットワークとはその中の1つの提案。

ライトニングネットワークはビットコインを「チェーン外」にスケーリングすることでスケーラビリティ問題の修復を目指す開発中のプロジェクトであり、ブロックチェーンを利用することなくマイクロチャネル状態を更新できるようにすることでマイクロペイメントを実現可能にするものである。つまりトランザクション処理の大半はチェーン外で行われ、ブロックチェーン上で行われる処理はチャンネルを開くための「デポジット」処理の時とチャンネルの閉鎖(チェーン外で行われたトランザクション処理の最終状態がネットワークに記録される)時のみである。

ライトニングネットワークは新しいsighashフラグなしでトランザクションIDを取得するためにトランザクションの署名が必要な時に、全当事者が署名する前からトランザクションを使用できることを保証するため大幅に取引スピードの向上が図れる。ライトニングネットワークの他の独特の側面として、マルチキーシステムを利用し一つのトランザクションに複数のユーザーが参加(従って単一のエンティティとして動作する)できるようにする「コミットメント・トランザクション」がある。混雑の判定は主にマイナーにかかっているため、本ネットワークは誠実なマイナーが「51%攻撃」を計画しないという前提に基づいている。

まとめ

アクティベートされたスケーリング提案はSegregated Witness。Segregated Witnessはビットコインブロックのデータ格納方法の変更・以前のビットコインソフトウェアとの互換性を維持しつつ処理能力を向上・他のビットコインプロジェクトの障害となっていたトランザクション展性の修正・ライトニングネットワークの実装が実現可能になったことを可能にした。

他には、Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)があることも判明した。

タイトルとURLをコピーしました