【GAFA代表の意見】Web3.0とは

プログラミング

Web3を考える人は現在のインターネットがGoogle(Alphabet)、Amazon、Facebook(Meta)、Appleによって大半のデータやコンテンツを握られ、支配されすぎていると考えている。

未来のインターネットとなるWeb3では集約型のネットワークとは違う、分散型のネットワークを基本にブロックチェーン技術に基づくインターネットが利用されるようになるとよく言われ、企業や起業家らがWeb3となるような技術やその他仕組みを設計、構築しようとしている。

Web3.0考察

テスラ代表の考察

「今のところ、Web3が本物、現実のものというよりはマーケティングのためのバズワードのようだが、10年後、20年後または30年後の未来はどうなっているんだろう。 2051年なんてクレイジーなほど未来にじゃないか!」と続けました。さらに翌日「誰かWeb3を見た人はいるか?私は見つけられないのだが」ツイート。

これらからテスラ社の代表はWeb3.0のことをまだ見探り状態だと感じています。

Twitter代表の考察

ジャック・ドーシー氏は「それはきっとa~zの間のどこかにあるよ」と返答。

Web3の理想を追う人たちに向けたちょっとした皮肉で、Web3はすでに早くからFacebookを支援していたベンチャーキャピタル企業のAndreessen Horowitz(a16z。aで始まりzで終わる)が管理下に置いているとの意味を暗に示す。

ドーシー氏の考えは最終的にWeb3がどんな形になるのであれ、それを所有するのはベンチャーキャピタル(VC)とそのリミテッド・パートナーシップ企業(LP)であり「彼らの支配から逃れることはできないだろう」とツイート、結局は呼び方を変えただけの中央集権方式なのだと主張しています。

Google代表の意見

Web1.0 とは、簡単に言うと情報の発信者と閲覧者が固定されていた時代のこと。

WWW(= World Wide Web )が普及し、個人がウェブサイトを作って情報を発信できるようになった時代。当時はhtml を利用したテキストサイトが主体で、画像・動画コンテンツは少なく、コミュニケーションの手段はメールが中心でした。

Web2.0 の特徴は、 TwitterやYouTube、Facebook、Instagram などのSNSの普及。

まさに、現代のインターネットと言えるのが象徴としている。誰もが気軽に発信者になることができ、画像や動画コンテンツのシェアも容易になった時代。

そして、権力分散型のWeb3.0の時代と答える。5大企業 GAFAM (Google、Amazon、Facebook、Apple、Microsoft)により独占されている権力の個人分散を目指す時代と言えると述べている。だがまだGoogleの代表からは意見を述べられておらず、他社の意見によるものである。

Amazon代表の意見

Web2.0を生み出したクラウドプラットフォームであるAWSが発表される際「Your margin is my opportunity(あなたの利益は私のチャンス)」という言葉のとおり、Web3.0はWeb2.0の世界で当たり前に存在する企業利益というマージンを機会に変えて急速に発展する可能性が高いと2022年2月5日に述べている。

Apple代表の意見

Appleは「俺らはプロダクトの人間ではない」とTwitterで述べていました。

World Wide Webの生みの親が提唱するセマンティックWebなど、GoogleやFacebookのような一部の企業による情報の囲い込みから、インターネットを本来の分散型のオープンネットワークへと戻そうとする動きが活発化しているとのこと。

Meta代表の意見

Web3.0については何も述べていませんがMetaのミッションは、コミュニティづくりを応援し、人と人がより身近になる世界を実現することと述べていました。

アリババ代表の意見

アリババに関してはWeb3.0については興味がなく、アリババ会社とスターバックスは2018年8月中国市場での提携を発表しておりました。その後様々な企業と提携を組んでいるとのこと。アリババ創業者はオンラインストアを可能にした人です。

まとめ

GAFA含む有名な企業はいろいろな方面で意見を述べていました。GAFA以外にも様々な企業が支え合い世界の人々をよりよい環境にしているといいと感じました。SNSアカウントは「田舎教師」と僕個人は感じています。日本の企業の代表の方がにいろいろとインタビューをしました。彼らは教育をしたいと述べていました。日本の企業もWebよりまずは教育に関して疑問点を持っている人が多いとのこと。日本は思想家が多いのでいい意味で海外での支援ができれば一番いいなと多くの代表は述べています。

その前にまずは日本での活気を取り戻すこと。孫が楽しいと思える世界を作ることが日本のためになるといいと皆感じています。

タイトルとURLをコピーしました